wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
沖縄タイムスの紙面から(5/12 タイムスワラビー沖縄戦を知ろう特別版)
昨日5月15日は沖縄「復帰」の日。そのまさに同じ日に安保法制懇の報告書が出され安倍首相の記者会見…。「戦争のできる国」へと一歩また一歩と向かう足取りを何とか止めなければなりません。

資料館としてのwamの役割を考える時、情報発信の重要さを大事にしたいと思っています。でも、ブログも、ウェブサイトも、ツイッターもいつも更新…。でも、とにかくできるところから始めます。


wamの会員のみなさんには、会報『wamだより』でお知らせしていますが、wamでは『沖縄タイムス』を購読しています。狭い館内なので、新聞すべてを取り置くことはできないため、スクラップブックを作って館内での閲覧ができるようにしています。いつもたくさんの鋭い記事が掲載されていますが、「ワラビー」という子ども向けのページも、とてもおすすめです。

5月12日の新聞には、「タイムスワラビー沖縄戦を知ろう特別版」が入っていました。とても分かりやすくておすすめです。
タイムスワラビー沖縄戦を知ろう特別版

沖縄戦体験者のお話や、戦争で奪われた人々の暮らし、沖縄戦をどのように次世代に伝えるか、「ひめゆり」、対馬丸…など、タブロイド判16面すべてが「沖縄戦」の特集です(子ども新聞なので、ルビ付き)。ぜひ、wamに来て読んでみてくださいね。


タイムスワラビー沖縄戦を知ろう特別版年表

第1次世界大戦終結から1945年までの年表も載っていました。


wam今週の新着図書
今日もあります。

= 新着資料紹介 =

関釜裁判ニュース


『関釜裁判ニュース:釜山従軍慰安婦・女子勤労挺身隊公式謝罪等請求事件 1993年~2013年』
戦争責任を問う・関釜裁判を支援する会編

1992年、山口地裁下関支部に提訴した「釜山従軍慰安婦・女子勤労挺身隊公式謝罪等請求事件」を支援してきた、戦争責任を問う・関釜裁判を支援する会のニュースレターが、全号まとまり、1冊の本になりました。今後、県立図書館や大学図書館に寄贈することを計画しているそうです。



50年間の沈黙

『50年間の沈黙 FIFTY YEARS OF SILENCE』30号
台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会

昨年より、台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会の皆さんたちと一緒に、「台湾・「慰安婦」の証言 日本人にされた阿媽たち」の展示制作を行ってきました。昨年の今頃は・・・など思い出します。1年は早い!展示終了まで2ヵ月。支援する会の皆さんと最後まで頑張ります。


日本軍に棄てられた少女たち

『日本軍に棄てられた少女たち:インドネシアの「慰安婦」悲話』増補改訂版
プラムディヤ・アナンタ・トゥール著 山田道隆訳 内海愛子解説 コモンズ 2013.12

プラムディヤ・アナンタ・トゥールさんは、スハルト政権下に政治犯としてブル島に送られました。本書は、プラムディヤさんが流刑中、日本軍の性奴隷とされたインドネシアの女性たちの話を見聞きした話や、その後の調査をもとに書かれた作品です。









wam今週の新着図書
= 今週の新着資料です =

ニュースレター


『平和運動』 No.517
日本平和委員会
林博史さんによる、神奈川県平和委員会での学習会のまとめが掲載されています。軍隊と性売買のはじまり、日本軍「慰安婦」制度とは、米軍はどのような訓練を行っているのか、軍隊が社会に与える影響などなど、読み応えあり。


『そんりさ』 vol.148
日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(RECOM)
ラテンアメリカの情報を紹介。社会情勢だけでなく、料理、音楽、書籍や民話絵本などの紹介があるのも楽しみの一つ。


『世界へ 未来へ 9条連ニュース』 No.232
憲法9条-世界へ未来へ 連絡会(9条連)
川田文子さんによる巻頭言から、「3月15日、安倍首相は河野談話の見直しを否定しました。中学校の歴史教科書から「慰安婦」の記述はなくなっています。さらに河野談話を否定すれば、日本は国際社会からひんしゅくを買うことになるでしょう。」






Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.