wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


産経新聞こそ訂正して謝罪せよ
第12回アジア連帯会議実行委員会は、8月6日付で以下のような訂正要求書を産経新聞社に送付しました。他社のことを批判するだけでなく、産経新聞社こそ、この初歩的な間違いを早急にただし、自ら訂正記事を出していただきたいものです。


産経新聞社 御中
訂正要求書

2014.5.25付「産経新聞」の「歴史戦第2部 慰安婦問題の原点」~「日本だけが悪」周到な演出…平成4年「アジア連帯会議」の記事中の以下の記述につき、事実と異なる部分がありますので、速やかに貴紙紙面で訂正文を掲載された上で、当実行委員会への連絡をお願いします。

1.3面写真に、
「平成4年8月、ソウル市内で開かれた「挺身隊問題アジア連帯会議」で舞台に立つ元慰安婦女性ら(館雅子氏提供)」とのキャプションがつけられていますが、この写真はバックに「問われる戦後補償 韓国遺族会 第一回口頭弁論」という文字が見えています。これは、「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」訴訟の第一回口頭弁論後の報告集会の写真ではないでしょうか。
 確認の上、訂正を求めます。


2.1面記事は、
この会議に参加した舘は会場で迷い、ドアの開いていたある小さな部屋に足を踏み入れてしまった。
 そこでは、韓国の伝統衣装、チマ・チョゴリを着た4~5人の元慰安婦女性が1人ずつ立って、活動家とみられる日本人女性や韓国人女性の言葉を「オウム返し」に繰り返していた。
 「元慰安婦に(シナリオ通りに)言わせるのは大変なのよね」
 日本からの参加者がこう話すのを耳にしていた舘は、あの部屋で見たのは「元慰安婦女性たちの振り付けだ」と確信した。

としていますが、第一回アジア連帯会議(当時の名称は「挺身隊問題アジア連帯会議」)当日、「慰安婦」被害者は全員普段着で参加しており、白いチマ・チョゴリを着て参加した人は一人もいません。必要であれば写真を提示することもできます。
従って、上記についても、内容全体の訂正または取消を求めます。


3.1面記事は、
 日本からは「日本軍『慰安婦』問題行動ネットワーク」……が参加

 としていますが、92年当時、このような名称の団体は存在していませんでした。
 これについても訂正または取消を求めます。


4.1面記事は、
続いて、インドに住むタイ人女性が「日本軍さえたたけばいいのか。インドに来た英国兵はもっと悪いことをしたのに」と泣きながら訴えると、日本語の怒鳴り声が会場に響いた。
 「黙りなさい。余計なことをいうな!」
 舘はこのときの様子を「日本だけが悪いというストーリーを作り上げていた」と述懐する。

 としていますが、
当日、タイ在住のタイ人女性が1名参加していますが、インドに住むタイ人女性が参加した事実はありません。また、引用のような発言もなく、日本語の怒鳴り声が会場に響いた事実もありません。
これについても訂正または取消を求めます。


5.1面記事は、
「私たちは韓国の女性と違って、優しくて従順なので日本の兵隊さんにかわいがってもらい、遠足にも一緒にいきました。だから韓国の強い姿勢とは違う」
 台湾代表がこう主張し、韓国側が要求する個人補償を求めない考えを表明すると、激しいヤジが飛んだ。声を荒らげて怒る人、議長席に詰め寄る人などで会場は騒然となった。

としていますが、台湾の報告者は「台湾『慰安婦』に関する初の報告書」とのタイトルで報告し、その内容は「これらの女性のほとんどが物質的補償を望んでいる。しかし、補償を望んでいるとはいえ、期待してはいない。もしも、日本政府が韓国の「慰安婦」に補償するなら、台湾の女性たちも補償されなければならない。彼女たちは、他の「慰安婦」たちと同じ処遇を受けることを願っている。これらの女性のうち何人かは必ずしも物質的補償を受けなければならないとは思っていないが、彼女たちの健康状態が苦しくなれば、特別な支援を受けなければならなくなるだろう。彼女たちが物質的な補償を望む理由は、まず健康上の理由、遺族のため、または現在の窮乏生活のためである。彼女たちの老後のために補償は必ず必要だ。このうち2名は特にたいへん怒っており、台湾政府が日本政府から補償を受け取るために支援することを望んでいる」というもので、記事とは全く逆の内容です。
従って会場が騒然となった事実もありません。
この点についても、訂正または取消を求めます。


なお、この要求書および貴紙の回答・対応につきましてはインターネット等を通して公開いたしますので、ご了承ください。

2014年8月6日
第12回アジア連帯会議実行委員会
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

〒169-0051東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)気付
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
tel 070-1317-5677
fax: 03-3202-4634
e-mail:ianfu-kaiketsu@freeml.com


7月6日の早稲田ヘイトデモへの「教会共同声明」です。
7月6日にwamがあるAVACOビルの隣、日本キリスト教会館をターゲットとしたヘイトデモが行なわれました。

ヘイトデモのようすは
キリスト教新聞
クリスチャン新聞
でも報道されています。


7月16日、このデモに対して、10のキリスト教団体が共同で抗議声明を出しました。
賛同の意を込めて、ここで紹介します。


<教会共同声明>

7月6日に早稲田で行われた人種的差別と憎悪を煽動する行為(ヘイトスピーチ)に強く抗議します

「寄留者があなたの土地に共に住んでいるなら、彼を虐げてはならない。あなたたちのもとに寄留する者をあなたたちのうちの土地に生まれた者同様に扱い、自分自身のように愛しなさい。なぜなら、あなたたちもエジプトの国においては寄留者であったからである。わたしはあなたたちの神、主である。」(旧約聖書レビ記19章33~34節)

私たちは、2014年7月6日午後、高田馬場から早稲田に至る地域で行われた、日本キリスト教会館ならびにキリスト教視聴覚センター(AVACO)に事務所を置く団体を標的とする、人種的差別と憎悪を煽動する行為(ヘイトスピーチ)に強く抗議します。

「朝鮮カルト組織犯罪撲滅デモ行進 in 高田馬場~早稲田」と題された今回のデモは、「外国人犯罪撲滅協議会」主催、「政教分離を求める会」後援により開催されました。主催者は「反日の牙城(日本基督教会館に突入!)」と謳い、日本キリスト教会館ならびにキリスト教視聴覚センター(AVACO)を「朝鮮カルト」と名指しました。

この主張は、全くの事実誤認にもとづく名誉毀損行為です。さらに、主催側がいかに「公安条例に基づいたデモ行進」と主張しても、この行為は在日韓国・朝鮮人をはじめとする在日外国人に対する、日本が既に批准している人種差別撤廃条約によって禁止されている差別行為であり、立法を含むすべての適当な方法により禁止し終了させられるべきものであることは明らかです。

さらに日本は、人種差別撤廃条約の締約国として、人種間の分断を強化するようないかなる動きも抑制すること、いかなる個人または団体による人種差別も後援せず擁護せず又は支持しないこと、そしてまた国および地方のすべての公の当局および機関がこの義務に従って行動するよう確保することを約束しています(同条約第2条および第4条)。

それにもかかわらず、「民主主義の名の下でレイシズムによるヘイトスピーチを許してはならない」と、抗議行動に加わった学生が、警察当局によって不当に逮捕され、10日間の拘留が決定したことに深い悲しみと憤りを憶えます。

私たちは、「平和を実現する者は幸いである」と語ったキリストの福音を証する者として、また、この世界に生きる全ての命を祝福する者として、以下のことを強く求めます。

(1)私たちは、今回の人種的差別を煽動する行為を行った者に対して抗議します。そして、他者の生命と身体に対する直接的な危害の煽動を直ちに中止し、ヘイトスピーチによって実際に危害を加えたことへの謝罪を求めます。

(2)私たちは、集会場所として西戸山公園の使用を容認した自治体や、デモ参加者の誘導、抗議行動への警備を行った警察に対して抗議します。「差別のあらゆる扇動または行為を根絶することを目的とする迅速かつ積極的な措置をとること」(同条約第4条)を求められている公的機関が、二度とヘイトスピーチを目的とする集会やデモの申請に応じないことを強く求めます。

(3)私たちは、警察によって不当に逮捕された学生の即時釈放と共に、警察によるこのような人権侵害が二度と繰り返されないことを求めます。

(4)私たちは、日本政府に対して、日本が既に批准している人種差別撤廃条約に基づき、憎悪・差別的言動の被害者救済を含む人種差別撤廃・人権擁護のための早急な法整備を求めます。

2014年7月16日

外国人住民基本法の制定を求める全国キリスト教連絡協議会(外キ協)/日本キリスト教協議会在日外国人の人権委員会/日本カトリック難民移住移動者委員会/日本基督教団在日韓国朝鮮人連帯特設委員会/在日大韓基督教会社会委員会/日本聖公会正義と平和委員会/日本聖公会人権問題担当者/日本キリスト教会人権委員会/日本バプテスト連盟日韓・在日連帯特別委員会/日本バプテスト同盟宣教部



Joint Statement of Churches

We strongly protest the actions (hate speech) of July 6 in Waseda, which promote racial discrimination and hatred.

When a foreigner resides among you in your land, do not mistreat them. The foreigner residing among you must be treated as your native-born. Love them as yourself, for you were foreigners in Egypt. I am the Lord your God. Leviticus 19: 33-34

We strongly protest actions that promote racial discrimination and hatred (hate speech), which targeted organizations whose offices are located in the Japan Christian Center and the AVACO Christian Communications Center, performed on a route from Takadanobaba to Waseda during the afternoon of June 6, 2014.

This demonstration, titled “Demonstration March in Takadanobaba~Waseda for the Elimination of Korean Cult Organized Crime,” was organized under the lead of Council for the Elimination of Crimes by Foreigners, with support from the Association for the Demand of Separation of Politics and Religion. Organizers shouted, “The Fortress of Anti-Japan – Charge into the Japan Christian Center!” as they marched, and they referred by name to the Japan Christian Center and AVACO as “Korean Cults.”

This claim is an act of defamation, based on a complete misrepresentation of fact. Furthermore, although the organizers may claim that this was “a demonstration march in accordance with public security regulations,” it is clear that these actions targeting Koreans and other foreigners in Japan are acts of discrimination prohibited under the International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination, which is already ratified by Japan, and therefore should be prohibited and brought to an end by all appropriate means including legislation.

In addition, Japan, as signatory nation of the International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination, has promised to discourage anything which tends to strengthen racial division, to not sponsor, defend or support racial discrimination by any persons or organizations, and to ensure that national and local public authorities act in accordance with these obligations. (Articles 2 and 4 of the Convention).

We feel deep sorrow and anger that, in spite of these international commitments, one student who participated in a demonstration declaring that “Racism and hate speech must not be allowed under democracy” was unjustly arrested and held in custody for 10 days.

As persons who witness to the Gospel of Christ, who said “Blessed are the peacemakers,” and as persons who celebrate all life in this world, we strongly demand the following:

(1) We protest against those persons who on this occasion performed actions that fan racial discrimination. We also demand an immediate halt of incitements toward direct injury against the lives and bodies of others, and apology for actually causing harm through hate speech.

(2) We protest against the local municipal authorities, who tolerated the use of Nishitoyama Park as a gathering point for this action, and against police, who guided demonstrators and provided security during the demonstration. We strongly demand that public institutions, which are obligated to “…undertake to adopt immediate and positive measures designed to eradicate all incitement to, or acts of, such discrimination”(Article 4), never again accept applications for rallies and demonstration whose purpose is hate speech.

(3) We demand immediate release of the student who was unjustly arrested by police, and that such violation of human rights by police never be repeated.

(4) To the government of Japan we demand the development, without delay, of laws for the elimination of racial discrimination and protection of human rights, including redress for victims of hate speech and acts of discrimination, in accordance with the International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination of which it a signatory.

July 16, 2014

National Christian Conference for Promotion of a Basic Law for Foreign Residents
NCCJ Human Rights of Foreign Residents Committee
Catholic Commission of Japan for Migrants, Refugees, and People on the Move
United Church of Christ in Japan Special Committee on Solidarity with Citizens of the Republic of Korea and the Democratic People’s Republic of Korea Living in Japan
Korean Christion Church in Japan Social Issues Committee
Anglican Episcopal Church in Japan Committee for Justice and Peace
Anglican Episcopal Church in Japan personnel in charge of human-rights issues
Church of Christ in Japan Committee on Human Rights
Japan Baptist Convention Special Committee on Japan-Korea and Zainichi Solidarity
Japan Baptist Union Mission Section


明日、wam館長・池田恵理子がレイバーネットTVに出演―特集:橋下くん、暴言退場!
wamのウェブサイトでは、関連する更新をいくつか行っていますが、なんと!ブログでの発信がおろそかになっていましたね。


本日は、参議院会館講堂で「女性の人権を尊重する政治を!―橋下発言に抗議する緊急院内集会」が開かれました。多くの方が参加し、インターネット中継なども様々なメディアが行ってました。


wamが提出した抗議声明などは、ウェブサイトのお知らせをご覧ください。


さて、今日は、明日放送されるレイバーネットTVのご案内です


wam館長、池田恵理子が、ゲストとして特集コーナーに出演します。
ぜひ、ご視聴お願いします!




次回(5/23)のレイバーネットTVは、いま一番ホットな話題である「橋下問題」を取り上げます。大阪で橋下と対決している気鋭のジャーナリスト・西谷文和さんが急遽、上京出演します。また、「慰安婦」問題に詳しい「女たちの戦争と平和資料館」館長・池田恵理子さんも登場。番組が多少でも、橋下を辞職に追い込む一助になるようにしたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 労働者の 労働者による 労働者のための
 レイバーネットTV 第53号放送
 ~特集:橋下くん、暴言退場!~


          
         記 


日時  2013年5月23日(木曜日) 20:00~21:30


視聴アドレス http://www.labornetjp.org/tv


配信場所   バンブースタジオ(竹林閣)
  http://vpress.la.coocan.jp/bamboo.html
  (地下鉄「新宿三丁目駅」E1出口近く)


キャスター  松元ちえ 土屋トカチ


番組構成
1.【ニュースダイジェスト】(5分)
 ここ2週間のホットなニュースをお伝えします。


2.【特集:橋下くん、暴言退場!】(50分)

 ★ゲスト=池田恵理子(「女たちの戦争と平和資料館」館長)
西谷文和(ジャーナリスト)
 大阪市長としての政治生命を開始して以来、暴言を繰り返し、めちゃくちゃな論理で弁明する橋下。到底容認できなくなったのは、大阪市民だけでなく、国内各地や海外からも批判が殺到しています。そして、辞任要求の声が大きく広がっています。今回のゲストは、「女たちの戦争と平和資料館」館長の池田恵理子さんと、大阪で橋下とたたかうフリージャーナリスト西谷文和さん。怒り心頭のお二人にじっくり「ハシモト」を語っていただきます。


3.【今日もアブナイカク:ナショナリズムに染まる日本】(15分)

 ★ゲスト=スレイマン・バーキック
 日本在住が長いスレイマンさんが見た日本のナショナリズム。安倍首相・橋下大阪市長・石原元東京都知事などの国粋主義について、率直な意見を聞きます。


4.【ジョニーと乱のほっとスポット】(8分)
 ジョニーHさんの替え歌と、乱鬼龍の川柳で元気になろう。


5.【さようならのポエム】(5分)
 チャーリー・チャップリンの「独裁者」から、演説を紹介します。


★レイバーネットTVは公開放送です。中継スタジオで一緒に盛り上がりましょう。
★ツイッターでの質問・コメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。


***********************
 http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
 http://www.labornetjp.org レイバーネット
***********************




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.