wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“wam de video 2010”がいよいよ始まりました☆
22日から“wam de video 2010”がいよいよ始まりました♪

第1回目のゲストは、映画『南京―引き裂かれた記憶』の監督・武田倫和さんです。

武田さんは、まだ30歳と若く、いわば「孫の世代」の監督です。親の世代である松岡環さんに出会い、彼女の聞き取りの映像を観て、祖父と同じ世代である加害兵士や南京の被害者の言葉にふれるなかで、酔うと刀を振り回し暴れていた自分のおじいさんの記憶がダブっていった…知れば知るほど、聞けば聞くほど引き裂かれていく被害者と加害者の記憶を自分と同世代の人たちに知ってもらおうと映画の編集をされたそうです。

セミナーでは、南京に行った元兵士の寺本さんの証言を上映してくれました。

寺本さんだけではなく、松岡さんの撮った映像の中で証言する兵士たちはみな、南京で自分がしたことへの罪の意識が感じられない、性暴力の話でも楽しそうに話している。とてもいいおじいちゃんで、話を聞きにいくとお茶菓子なんかを出してくれて…でも、そんな和やかな中、話すことはとてつもない…。

無反省な元兵士たちが、なぜ、そうなってしまったのか? それを知らなければならないし、同時に、親の世代がなぜ加害を伝えてこなかったのか、映像を撮る人たちがなぜ南京をほったらかしにしてきたのか。これらを問うていかなければ、自分が将来、次の世代に同じことを問われるだろう、と。自分につながることだからこそ、知りたい、そして同世代の人に伝えて行きたい、武田さんはそう語ってくださいました。

詳しい報告は3月下旬発行予定の『wamだより』14号でお届けしますので、どうぞお楽しみに☆

次回“wam de video 2010 第2回”は2月12日(金)19:00から。「証言―侵略戦争~人間から鬼へ、そして人間へ」(43分、1991年)を上映し、熊谷伸一郎さんにお話をうかがいます。こちらもぜひご参加ください☆


(ふ)


スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.