wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辺野古・高江の緊急報告会・相談会のご報告
7月19日に開催した「辺野古・高江の緊急報告会」の報告を書かなくては・・・と思いつつあっという間に1週間がたってしまいました。

実質的な告知期間は2,3日だったにもかかわらず、今まで辺野古にかかわってきた人、ずっと気にかかっていた人、状況を初めて知った人たち、40人が集まってくれました!
集会案内は:http://www.wam-peace.org/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=20
また、当日夜に「都合が悪くて参加はできないけれど・・・」と、2007年5月以降の辺野古の闘いを映像で記録してきた●さんの映像も上映。おかげで5月18日前後の緊迫した状況も知ることができました。カンパは全部で3万6680円。辺野古と高江に半分ずつ送ることになりました。
DSC_0090.jpg




さて、「ブログに載せておきます!」とお伝えした情報を、まずはお知らせします。

(1)高江支援の振込先
郵便ぱるる 記号番号 17040-227761
名義:ブロッコリーの森を守る会

注)参加者から「手数料が高い」という話を聞いたので、郵便局に問い合わせました。すると、「ぱるる」というのは電信のみの扱いだそうで、送金する側が「ぱるる」の口座を持っていれば、手数料は安いのですが(ATM120円、窓口140円、ネット110円)、もっていない場合は、窓口のみの扱いで、1万円まで210円、1万円以上10万円までは340円の手数料がかかるそうです・・・。

高江の状況が一番わかるページは:
http://takae.ti-da.net/


(2)紹介されたアクション
・まずは署名!ウェブページも読みやすくてきれい!wamでもこのページのキットを使って、「署名コーナー」を作りました。
http://nobasega.aikotoba.jp/

・大浦湾に泡盛を埋めるとおいしい古酒になる・・・。おいしいお酒が呑めるとともに、基地をつくらせない行動につながります。以下のページのイベント欄にお知らせがありあます。(ジュゴンに名前をつけよう!というイベントもあった・・・)
http://www11.plala.or.jp/sedake-dugong/


(3)東京でのアクション情報
・辺野古とともに! 国会前座り込み
毎週月曜・水曜 12:00-16:30
http://iogi.kt.fc2.com/

・新宿西口反戦意思表示
毎週土曜日 17:00-19:00
5時から新宿西口地上、小田急デパート前小田急ハルクに通じる歩道橋下で、6時からは、地下広場に場所を移して意思表示しています。
http://www.seiko-jiro.net/modules/piCal/

・防衛省・防衛施設庁抗議行動
毎月第1月曜日 18:30
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html


 さて、集会自体というと、辺野古の状況は映像がほとんど伝えてくれたので、田場・渡辺がちょっと補足する程度でした。続いて笠原さんから「どこにも米軍基地はいらない」と、グアム・韓国や世界とつながるネットワーク活動について紹介。今年エクアドルで開かれた反基地の会議では辺野古のことは結構知られていたそうですが、もっと日本の反基地運動の状況を世界に伝えるため英語での発信を強めたい、わかりやすいチラシを作って配りたい、防衛省に「電話かけ隊」との提案がありました。橋本さんも、沖縄に関する書籍、新聞、雑誌などの実物をたくさん持参、紹介してくれました(全部紹介しきれない・・・)。
 そうそう、会の初めに今での辺野古の闘いが簡潔にわかりやすくまとめてある「辺野古アクション」を紹介。95年に起こった少女暴行事件からやぐら撤去までの流れをとてもわかりやすくまとめてあります。ビギナー必見です!
http://www.geocities.jp/henoko_action/


 集会に参加した一人の女性は、短期間だといいますが、今日、沖縄へ発ちました。来週末にはもう一人向かいます。この報告会の翌々日の土曜日には、夏芽さんのタンクのバルブが閉められるという大事件が起こりました。参議院選挙投票日も間近・・・。今の体制を変えたいものです。

(M)
スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.