wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


千客万来
6月から始まった「中学生のための『慰安婦』展」、基本の「き」を知りたいという要望は多かったようで、来館される方が増加中!特に中学から大学までの団体や親子連れのお客さまが増えている印象です。

米国下院議会での日本政府に謝罪を求める「慰安婦」決議案にはじまった一連の報道によって「慰安婦」問題への関心が高まったことも大きな要因でしょう。安倍首相の発言、はたまたワシントン・ポストに軍の関与を否定する広告をデカデカと出した日本の議員たちの行動も、結果的には問題への注目を高めているようで・・・。

関心が高まった時期に「中学生のための『慰安婦』展」が開催されているのは、とてもいいタイミングだったのではないでしょうか。毎日さまざまなグループが団体で来館されています。

キリスト教関係の団体や、
DSC_0301.jpg


法政女子高校の生徒さん、
DSC_0315.jpg


こんなかわいらしい来館者も!
(展示よりも、wamになぜか置いているアンパンマンに夢中でしたが)
DSCF2687.jpg


そして朝鮮中学校の生徒さん、など
DSCF2677.jpg


「中学生のための」と銘打っているためなのか、これまでにはなかった中学生の団体のお客様も増えています!学校では学べない「慰安婦」問題。問題を知るいい機会になればとても嬉しいことです。

7月からは毎週土曜日に展示ガイドセミナーを行います。時間は午後1時からと3時からの1日2回。まだいらしていないかたは、この機会に是非お越しください。新人ガイドがデビュー(詳しくはこちら)しますので、そちらもお楽しみに!


スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.