wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
東ティモール展が終了しました。
昨年12月16日から始まった第4回特別展「東ティモール・戦争を行きぬいた女たち」展が今日で終了しました。今日で最終日とあって駆け込みで来館された(多分)方も多く、いつもよりお客様の多い日でした。

加えてwamの運営母体である、女たちの戦争と平和人権基金の総会、wam運営委員会もあり、メンバーは一日フル稼働。お客さまとお話しつつ、会議しつつ、忙しい一日でした。

第3回特別展で多大な協力をしてくださった吉沢佳世子さんが、夫さんと1歳になった娘・凛ちゃんを連れて来館しました。生まれたばかりの頃を見ている私たちは、あまりの成長振りに驚かされました!新潟での巡回「慰安婦」展を計画中の吉沢さんから、拉致問題が地元のメディアで大きく取り上げられる新潟での活動状況を伺い、その状況の中でもネットワークを広げる吉沢さんの頑張りに励まされました。

また、東ティモール展のパネル制作中心メンバー、古沢希代子さんと松野明久さんがお手製ケーキを持参で来館され、東ティモール展の終了を見届けてくれました。来館者に「特別ガイド」もしてくださって、充実の東ティモール展になったのではないでしょうか。

閉館後は展示パネルの撤去作業です。
070527_1838~0001.jpg

半年間展示していたパネルをはがし、片付け担当のチームがいる一方、



070527_1850~0001.jpg

6月2日から始まる第5回特別展「中学生のための『慰安婦』」展の展示準備の追い込みミーティングをしているチームも。


毎回次の展示準備の追い込み時期になると、「間に合うのか?」という不安に襲われるのですが、馬車馬のように働く運営委員と事務局、協力者の方々の努力でどうにか乗り越えてきました。今回も何とかなるんでしょう。

色々ご報告がたまっています。2日以降に書く予定ですので、しばらくお待ちください。

6月2日にはシンポジウムを開催予定です。みなさま是非是非お越しください!

(S)
スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.