wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


文化女子大学の学生さん来館
昨日文化女子大学の学生さんが教養課程の課外授業の一環で来館されました。授業の担当教授、木村さんのリクエストにお応えして、ビデオと館内説明あわせて1時間半、たっぷりご案内させていただきました。

最初に姜徳景さんの人生と闘いを追ったドキュメンタリー「私たちは忘れない」を上映。一人の女性の人生を通して、「慰安婦」被害の実態と彼女の日本政府への怒りがストレートに伝わってくる作品です。

「慰安婦」ということばすら聞いた事がない(!)、という学生さんが大半だったので、「慰安婦」とは何か、からはじまり、社会問題化していく過程、被害女性たちの闘い、女性国際戦犯法廷などを説明。
女性国際戦犯法廷のビデオも上映しました。

DSCF2290.jpg


現代も続く、紛争下での女性に対する暴力を明らかにする取り組み、「女性国際戦犯法廷」の一環として開かれた「国際公聴会」や教科書問題に触れた後、東ティモール展を説明。

「テキストが多いパネルで読むのが大変だとは思いますが、1枚でいいから被害を受けた女性たちのパネルを読んでみてください」との事務局長のことばにこたえて、学生さんたちは真剣にパネルを読んでいました。

大学ではファッションや造形を学ぶ学生さん。「慰安婦」問題に触れる機会は中々ないと思います。「将来仕事で、海外、特にアジアのデザイナーさんと仕事をすることがあるかもしれない。その時に向こうは被害を受けた歴史を知っているけど、こちらは知らない、というわけには行かないのでは?」と事務局長。誰しも歴史や政治に無関係でいられるということは無いのだと思いました。

学生さんたちはどんな感想を持たれたのでしょうか?
真剣なまなざしに期待したいです。
スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.