wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本政府が再調査しないから研究者や市民が探した「慰安婦」関連公文書、その数500点以上!

wamのウェブサイトに新しいコンテンツが追加されました。その名も…

河野官房長官談話後に発見された日本軍「慰安婦」関連公文書等の公開
wamウェブサイトより

以下、サイトの前文

2014年6月に東京で開かれた、第12回日本軍「慰安婦」問題の解決のためのアジア連帯会議では、河野談話発表後に発見された資料500点以上を提出しました。この中には、1996年に内閣官房外政審議室が出した通達に基づき、河野談話後に「慰安婦」関連資料として政府が認めたものも一部含まれていますが、大多数は政府がいまだ「慰安婦」関連資料として認めていないものです。



すごい数ですよね?

これだけの研究者や市民の調査の成果を無視して、2007年に第1次安倍政権では「〔河野談話時の〕調査結果の発表までに政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかったところである」なんてことを閣議決定しているんです。
そもそも、河野談話作成時までの政府調査で見つかった資料だけを見たって、日本軍「慰安婦」制度が、日本軍が立案し、管理し、統制した組織的な犯罪行為だったことは十分わかるはずなんですけどね。それにしたって、その後の研究成果を発展を全く無視した日本政府の対応はあまりにもずるい!

しかも、この公文書等資料を提出した時の「申し入れ書」にも書いてあるのですが、これら、河野談話後に発見された公文書等資料の中には「各省庁や国立公文書館等に保管されているものも多く含まれている」んです。…日本政府、調査力なさすぎです。そうでないなら、隠してたんでしょうか・・・??

今日は8月4日ですが、ちょうど22年前の今日、河野官房長官の談話が発表されました。
それに合わせての今回のウェブサイト公開です。

ぜひ、ご覧ください。まわりの人にも広めてくださいね。
河野官房長官談話後に発見された日本軍「慰安婦」関連公文書等の公開

スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.