wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「館長のつぶやき」開始宣言―過去4年間のwamだより巻頭エッセイ公開!
ふと思い立って「館長のつぶやき」を始めてみることにしました。

wamの仲間たちから何度も促され、wamのブログにせっかくカテゴリーまで作ってもらいながら取りかかれず、2年半も経ってしまいました。文章を書くのは好きなのにツイッターやFacebookといったSNSが苦手で、何よりも日々、仕事のメールや原稿書きに追われていたからでした。ところが最近、そんなことを四の五の言っていられなくなって、「私もつぶやいてみようかしら」と思うようになりました。

wamのような「慰安婦」被害者の証言や資料を集めた資料館を運営し、日夜、「慰安婦」制度を編み出した日本軍の戦争に関わる仕事をしている身としては、このところの日本の政治や社会の変貌ぶりに唖然・呆然、絶望的な気持ちに陥ることがしばしばです。この国は性懲りもなく、再び戦争への道を転がり落ちていくのではないかと思うからです。特定秘密保護法の制定や集団的自衛権の行使容認にしても、「慰安婦」問題を封殺することに血道をあげる安倍首相、さらには沖縄辺野古へ基地移設のごり押しや教科書検定で政府見解をねじ込ませる文科省・・・などなど、歴史を歪曲・捏造しながら全体主義国家へ歩みを進めていく流れが滔々としてきて、日本の前途の危うさは極限に達しています。

これに対して政治権力の監視と批判をすべき立場にあるメディアは、本来の役割を忘れたように、政権へすり寄ったり後追いをするばかりです。これも戦前の1930年代にそっくりです。昨年の8月の「慰安婦」報道検証を機に燃え広がった朝日新聞バッシングには、「リベラル派メディアを一網打尽にするのだ」とも言える異様な雰囲気が満ちていました。

この余波で、wamには国内外からの取材や講演・原稿依頼が殺到しましたが、メディアによる「慰安婦」問題のタブー化や自主規制は一層強くなり、私たちのように「慰安婦」問題に取り組んできた者たちの声はなかなか取り上げられません。

そこで私は、この問題の現状やメッセージを伝えられる場があれば、どんな機会も無駄にするまいと思うに至りました。かと言って、苦手で慣れない「つぶやき」を日常的に発信するのは無理ですから、ぽつりぽつりと始めます。

実はこの「館長のつぶやき」に近いのは、年に3回発行している「wam だより」の巻頭エッセイだと思うのです。先日、まとめて読み直してみたところ、そうか、こんな風につぶやいていけばいいのかも…と、少し気が楽になりました。「つぶやき」と言ってもツイッターのように140字以内ではとても間に合いませんから、まあ、「おしゃべり」以上、「スピーチ」未満とでも言いましょうか。

今回はこの「つぶやき」開始宣言の記念に、「wam だより」の17号(2011年3月発行)から先月末に発行した29号までの巻頭エッセイを、ウェブサイトに掲載してみることにしました。この4年間は、2011年3月の東日本大震災と東電の原発事故という日本の根幹部分を揺さぶる大惨事の後、この国の政治やメディアの劣化が露わになった時期から始まり、2012年12月からの第2次安倍政権下での「戦争ができる国づくり」が着々と進められてきた歩みに沿っています。折々の“悲鳴”に近いつぶやきと、それでも言わざるをえない“決意表明”ばかりで明るい話題に乏しいエッセイですが、気になる話題があったら読んでみてください。

「wam だより」の巻頭エッセイが4ヵ月ごとの「つぶやき」だとしたら、ここではもう少し頻繁につぶやかせていただきます。乞うご期待!(なんて、大丈夫かな。。。)

↓↓wamだよりの巻頭エッセイのタイトル(文章に直接リンクしています)↓↓

29号(2015.3)  国会を包囲した 安倍政権への怒りのレッドカード
28号(2014.11) 常軌を逸した朝日新聞バッシング
27号(2014.7)  「集団的自衛権の行使容認」が連れてくる社会
26号(2014.3)  籾井会長、NHKは政府の広報機関ですか?
25号(2013.11) wamが日本平和学会・平和賞を受賞!
24号(2013.7)  参院選の惨憺たる結果にうなだれつつ、新たな決意!
23号(2013.3)  憲法があぶない!―ベアテ・シロタ・ゴードンさんの遺言
22号(2012.11) 日中韓の危機的状況の中で
21号(2012.7)  沖縄と東京の「慰安婦」問題をめぐる“温度差”
20号(2012.3)  「慰安婦」問題をめぐる日本のメディアの深い闇
19号(2011.11) “民衆蜂起の時代”の連帯活動
18号(2011.7)  原発に向き合う
17号(2011.3)  韓国・闘う女性アーティストとの出会い
スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.