wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


wam台湾展・連続セミナーと特別セミナーのお知らせ
7月から始まったwam「台湾展」の秋の連続セミナーのお知らせです。
台湾の元「慰安婦」裁判と台湾民主化運動の支援に関わってきた3名の方にお話を聞く、全3回のセミナーを開催します。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 wam第11回特別展 秋の連続セミナー
  台湾のこと、知ろう
  ~台湾の元「慰安婦」裁判と台湾民主化運動の支援から~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



wamでは台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会のみなさんと一緒に、昨年11月から「台湾展」の準備を行ってきました。その中で痛感したのは、台湾の植民地支配の実態や、それが台湾の戦後に与えた影響を、私たちがほとんど知らないできたということでした。秋の連続セミナーで、台湾の「慰安婦」被害者支援や戦後台湾の民主化運動支援に関わってきた方々のお話を聞き、マスメディアからは見えにくい“台湾の歴史と今”を学びませんか。


■場 所 wamオープンスペース
■参加費 各回800円(会員割引あり)




================================================
第1回 台湾の「慰安婦」裁判と支援運動
================================================



ゲスト:柴洋子さん(台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会)
日 時:9月20日(金)18:30~20:30



1999年7月、台湾の9名の「慰安婦」被害者が、日本政府の謝罪と賠償を求めて訴
訟を起こしました。台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会の柴さんは、1999年の
会の立ち上げ以来ずっと、裁判の原告ではない女性たちも含め、台湾の被害女性
たちを支援してきました。台北市婦女救援基金会が続けてきたワークショップに
も参加し、いつも阿媽たちをすぐそばから見てきた柴さんに、裁判支援やワーク
ショップを通して見えてきたこと、その中で変化してきた阿媽たちの姿をお話し
いただきます。




================================================
第2回 台湾の「慰安婦」裁判とは何だったのか
================================================



ゲスト:藍谷邦雄さん(台湾の元「慰安婦」裁判弁護団)
日 時:10月18日(金)18:30~20:30



台湾の「慰安婦」裁判は、被害者が涙ながらに訴えた被害の事実すら認定しない無情な判決が下され、2005年2月に最高裁で上告棄却が決定されました。藍谷さんには裁判の弁護団として、裁判官の不誠実な態度を目の当たりにし、原告の女性たちの被害の事実に向き合ってきて感じたことや、提訴に込めた思いについて語っていただきます。また、審理の過程や判決を振り返りながら、裁判提訴が被害女性や日本と台湾の社会に与えた影響についてもお聞きします。




================================================
第3回 台湾の民主化運動支援・日本での経験から
================================================



ゲスト:川見一仁さん(元「陳明忠事件を考え救援する会」)
日 時:11月8日(金)18:30~20:30



「なぜ台湾は親日なのか?」様々な場面で受ける質問です。日本による植民地支配の美化には戦後の国民党支配下での弾圧が深く関わっています。一方、台湾民主化後は、中国との関係の多様で複雑な政治性が、私たちの台湾理解を困難にしています。そこで1980年代から台湾の民主化支援運動を続け、今は靖国キャンドル行動の事務局をつとめながら、台湾の人々と連帯してきた川見さんにお話を聞きます。国民党でも民進党でもないチワス・アリさんの立場、連帯の取り組みから見えてくる“台湾の今”を議論できる場にしたいと思っています。





.oOo。.:*:.。oOo。 特別セミナー、開催決定! .oOo。.:*:.。oOo.


台湾と深く関わってきた方々の来京の機をとらえて、特別セミナーを開催します。
北海道と沖縄からゲストをお呼びするこのチャンスを、どうぞお見逃しなく!


■場 所 wamオープンスペース
■参加費 各回800円(会員割引あり)





================================================
「台電」発見と真相究明に向けて
================================================



ゲスト:伊東秀子さん(いとう・ひでこ 元衆議院議員・弁護士)
日 時:調整中です(詳細はwam事務局へお問い合わせください)


1992年、衆議院議員だった伊東さんは、軍が台湾から「慰安婦」を集めて送るよう指示した「台電」3通の存在を明らかにしました。この「台電」の発見が、台湾での「慰安婦」真相究明の端緒を開きました。伊東さんには元国会議員の立場から見た、日本政府の対応や「慰安婦」調査の実際について話していただきます。そして、20年経った今でも、政府による真相究明や被害者への公式の謝罪・賠償が進まない現状と、真相究明に向けて求められているのは何かについてもうかがいます。




================================================
沖縄から問う、日本の台湾植民地支配の責任
================================================



ゲスト:又吉盛清さん(またよし・せいきよ 沖縄台湾関係史研究)
日 時:10月25日(金)18:30~20:30


又吉さんは、沖縄人として日本植民地支配下の沖縄と台湾の関係史を研究し、『台湾支配と日本人―日清戦争100年』(同時代社、1994年)、『台湾 近い昔の旅:台北編―植民地時代をガイドする』(凱風社、1996年)などの本にまとめてきました。沖縄が台湾の植民地支配にどう関わったかを批判的に研究する又吉さんの視線は、植民地支配における「日本人」の責任をより露わにします。とりわけ又吉さんは1970年代から台湾を歩き、史跡を巡ってきているので、台湾で日本の支配がどのように記憶されているかもお聞きするチャンスです。


スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.