wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
【新着資料】『日本軍「慰安婦」問題が切り開いた地平』ほか
wamライブラリーからの、新着資料紹介。今日も無事お届けできます


 まずはミニコミ誌から

『かにた便:Kanita REPORTS』138号 かにた後援会

かにた通信

中学生のための「慰安婦」展で紹介した、城田すずこ子さんが戦後過ごしたのが、一生を過ごせるコロニーとして建てられた千葉県館山市にある「かにた婦人の村」です。1986には「慰安婦」と刻まれた鎮魂日が建立されました。コロニーでの日常生活が紹介されています。


『ピースあいちニュース』第13号 戦争と平和の資料館ピースあいち

ピースあいち

愛知県名古屋市にある「戦争と平和の資料館ピースあいち」は、市民の手でつくられ平和のための資料館です。戦争体験者によるの語りと、スタッフとボランティアによる平和への熱い想いが綴られています。


『前へ前へ』39号 「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」

前へ前へ

中国帰還者連絡会の解散に伴い、「過去のことを忘れることなく、未来に生かす。」という精神を次世代に受け継ぐために結成された団体です。反戦・平和と日中友好のための各地の会員の活動が紹介されています。


 次は書籍です。


『「村山・河野談話」見直しの錯誤:歴史認識と「慰安婦」問題をめぐって』
林博史;俵義文;渡辺美奈/著 かもがわ出版 2013.4

歴史認識と「慰安婦」問題をめぐって

安倍首相は「慰安婦」制度をどのように認識しているの?安倍首相の歴史認識はどのように形成されたの?何を隠そうとしているの?「慰安婦」被害者の名誉回復、損害賠償は世界の常識。安倍首相による河野談話の否定は世界からみたらどう見えるの?敵を倒すには敵を知ろう!



『戦争と女性の人権博物館ガイドブック:日本軍「慰安婦」問題が切り開いた地平~アクティブ・ミュージアムの可能性』

戦争と女性の人権博物館


戦争と女性の人権博物館(WHR)日本建設委員会/編 2013.3
「戦争と女性の人権博物館」のガイドブックができました!内容は、2012年6月に東京で開催されたオープン記念集会、2012年5月にソウルで開催された開館記念シンポジウム、博物館建設までの年表、博物館の基本情報と博物館までの道のり(目印になる建物の写真つき)、スタッフ紹介も。
スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.