wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
高校生の感想文
久しぶりの更新です・・・。
あまりに放置しすぎたので、関係各所からお叱りを頂きました。m(__)m今後は頻繁に更新できるよう努力します!ので、よろしくお付き合いください!

今日はwamの熱心な支援者Mさんから、嬉しいお便りを頂きました。

wamにも以前来館してくださった、神戸女学院大学の石川ゼミの学生さんが、神戸市内の県立高校で報告会「ナヌムの家を訪問して」を行いました。

この報告会を聞いた高校生たちの感想文を、Mさんがwamに転送してくださいました。報告会の開催に奔走した県立高校の教諭とつながりがあったそうです。

読んでみて、感激!生徒さんたちは女性たちの被害を自分に引き付けて捉え、真摯に受け止めています。そうした事実を知らなかった自分を恥じ、女性たちの心情を思って心を痛めている様子が伝わってきました。
女性たちの被害当時の年齢と生徒さんたちの年齢が近いこともあって、より身近な出来事として感じられたようです。
やっぱり事実を「知らせる」「知る」ことは大切だと再認識しました。

感想を伝えようと、Mさんに電話したところ、

「ヘソ出しルック・腰ばきファッションの今どきの子どもたちでも、こんなに真剣に受け止めるんですねぇ」とMさん。

「そうですねー。服装では分からないかもしれません。私も10年前は似たような格好をしてました」とお答えしたら、

絶句されてました・・・^_^;

若い世代の活動に期待!です。

※石川ゼミhttp://walumono.typepad.jp/の学生さんたちは、韓国にあるナヌムの家(日本軍性奴隷の被害女性たちの共同生活の場)を訪問し、その報告会を各地で熱心に行っています。

スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.