wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


wam de video(冬のセミナー)は2月1日(金)18:30からです。
wamの冬のセミナーが来週から始まります。
冬のセミナーは毎年恒例のwam de videoです。
特別展と関連の深い映像を観ながら、ゲストの方のお話を聞く…というものです。
これで、800円なのですから、とってもお得


沖縄展のwam de videoは全2回。


1回目は島袋マカト陽子さん(琉球センターどぅたっち=東京琉球館・館長)と一緒に、
『沖縄戦の証言』(沖縄戦記録フィルム 1フィート運動の会、35分、2005年)を観ます♪


みなさんも、ニュース等でご存知でしょうか?
1983年に始まった「1フィート運動の会」がこの3月での解散を決めたのだそうです。


沖縄タイムスの記事
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-12-28_43297

琉球新報の記事
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-200821-storytopic-1.html

朝日新聞の記事
http://www.asahi.com/national/update/1228/SEB201212280004.html



いま改めて、「1フィート運動」を知り、
それを通して沖縄の今を見る、語る、そんな場になるのではないでしょうか…。
私たちがどう行動すべきか、が問われています。



第2回はwam館長の池田がお話します。
『日本の「慰安婦」問題 』 (ビデオ塾、12分、2001年)だけでなく、
そのほか、さまざまな素材映像を観ながら、沖縄における日本軍「慰安婦」の問題、
米軍の性暴力の問題について考えます。



どちらも貴重な映像、お話になること間違いなし!
ぜひぜひご参加くださいね~♪





wam de video 2013
第10回特別展
軍隊は女性を守らない―沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力―






wam de videoは、様々な映像資料や関係者のトークを通して
「沖縄展」をより深く理解しようという企画です。
各回とも、現在の沖縄の状況を理解する恰好の手がかりになるはずです。


会 場 wamオープンスペース
時 間 18:30~
参加費 800円(維持会員300円引き、友の会100円引き)





第1回 2月1日(金)
「沖縄戦記録フィルム1フィート運動」を基点に考える
~沖縄とともに生きるとはどういうことか~






上映 『沖縄戦の証言』(沖縄戦記録フィルム 1フィート運動の会、35分、2005年)
お話 島袋マカト陽子さん(琉球センターどぅたっち=東京琉球館・館長)



1フィート運動によって買い取られた11万フィートものフィルムをもとに制作された映像は、私たちに沖縄戦の実相を伝えてきた。しかし、戦後60年を過ぎたころ、私たちはこの記録が真実の全てではない事に気付いた。アメリカが隠そうとした真実は、生活の場が戦場になるという体験をした沖縄の人々の証言の中にあった。語り始めることは60年間心の奥に抑え込んでいた戦場の記憶が、心の傷として表面に現れることでもあった。もう2度と聴きたくはない戦闘機の音を、毎日耳にせざるを得ない沖縄。頭上を見上げても、戦闘機の轟音やオスプレイに脅かされることのない東京で、沖縄の状況に終止符を打つためにどう行動すべきか、在日琉球人の思いを聴く。





第2回 3月1日(金)
映像でたどる 沖縄の「慰安婦」問題と米兵の性暴力






上映 『日本の「慰安婦」問題 』 (ビデオ塾、12分、2001年) ほか
お話 池田恵理子(wam館長)



アジア太平洋戦争の末期、沖縄の島々や本島の各地には146ヵ所もの慰安所が作られた。そこには朝鮮半島や台湾から、那覇やその他の地域の遊廓から、そして九州からも女性たちが集められ、「慰安婦」にされた。しかし慰安所での実態を証言する被害者は、ごくわずかしかいない。また戦後の米兵による性暴力被害の実態もその一部だけが事件として報じられ、多くは闇に葬られたままである。こうした中で試みられてきた証言の映像記録を集めて視聴しながら、性暴力被害を明るみに出すことの難しさと重要性について考えていく。



スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.