wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「慰安婦」の言葉狩りが始まった?
■疾風怒濤の4月でした

街路樹のハナミズキが美しい5月になりました。このブログには、少しずつでも日常のつぶやきを載せていこうと決意したのに、そしてつぶやいていたことは山ほどあったのに、アクセクと目の前の懸案に追われる中で更新できないまま、4月が終わってしまいました。それもこれも、「慰安婦」問題をめぐって、「何とかしなければ!」と思うことが次々とやって来たからでした。

4月には、「慰安婦」関連の民事裁判の口頭弁論が立て続けにありました。写真家・安世鴻さんの「ニコン裁判」、歴史研究者・吉見義明さんと元朝日新聞記者・植村隆さんはそれぞれの名誉毀損裁判。3件とも山場を迎えて傍聴席は溢れてしまうので、「傍聴券の抽選に当たりますように」と祈りながら東京地裁の玄関横に並ぶ日々でした。いずれも勝たねばならない、リキが入る重要な裁判です。

4月23日には、『「慰安婦」問題、解決は可能だ!!』の緊急シンポジウムに韓国から金福童ハルモニと挺対協・代表の尹美香さんを迎える院内集会が開かれて、「女性のためのアジア平和国民基金」の元専務理事・和田春樹さんも参加しました。夜にはハルモニたちと挺対協が進めてきたナビ基金の集会。全国各地から「慰安婦」問題に取り組んできた仲間たちが集まりました。院内集会の参加者300人のうち70人が報道関係者というのには驚いたのですが、残念なことに北海道新聞は「挺対協が日本に法的責任を求める方針を転換」などという誤報を流してしまいました(wamサイトの関連ニュース&トピックス「北海道新聞への挺対協の訂正要求」を参照)。
これまでの四半世紀にわたる「慰安婦」問題解決の歩みを振り返れば、「法的責任をなしにする」なんて方針転換などはありえないと思うのですが、一体どうしたことでしょう?


■新座市教育委員会が「慰安婦」パネル展を拒否

身近なところでは、埼玉県新座市の市民団体が企画した「慰安婦」パネル展の会場使用の許可が下りず、新座市の教育委員長や公民館長、市長などにwamからも抗議文を送る騒ぎがありました。というのも、予定していたのはwamが貸し出す『中学生のための「慰安婦」展』のパネル展だったのです。市の側の不許可の理由は、「啓発的な事業だから」「中学の教科書では『慰安婦』に触れていないから」「『慰安婦』は世論を二分しているから」だといいます。何という驚くべき理由でしょう!

wamでは開館以来、100カ所以上にパネルの貸し出しをしてきました。その6割以上は公的な施設で開かれていますが、このような理由で展示を断られたことはありません。生涯学習の場である公民館が、住民への啓発事業を許可しないというのはどういうこと?1997年度版の中学の歴史教科書の全てには「慰安婦」が記述されましたが、右派による激しいバックラッシュによって2012年度版には記述がゼロになってしまいました。wamのパネルは学ぶ機会を奪われた中学生にもわかりやすく伝える内容で、世界の常識となっている「慰安婦」問題を理解してもらうために作っています。確かに「慰安婦」問題では「世論が二分」されていますが、だからこそ歴史的事実を学ぶ機会は確保されなければなりません。

 主催団体である「にいざジェンダー平等ネットワーク」は新座市に抗議し、市オンブズマンに申し立て書を提出しました。「慰安婦」問題に取り組むNGOのネットワークである「オール連帯」も、そしてwamも、市教育委員会などに抗議文を送りましたが応答はなく、決定は翻っていません。(wamの抗議文・全文はこちら
右派からの抗議を恐れて市教委が自主規制したのであれば、実に由々しい事態です。


■埼玉県平和資料館から戦争加害の記述が消えて

ところがこれは新座市だけの問題ではありません。最近では似たような事件が各地で頻発しています。たとえば埼玉県で起こった同様の事件は、今回で3度目になります。
昨年の7月には、さいたま市の月報「公民館だより」が集団的自衛権の行使容認に反対する女性の俳句、「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の掲載を拒否しました。「世論が二分されている問題で、一方の意見だけを載せられない」という理由からです。

またwamでは、兵士展カタログ『証言と沈黙』が品切れになったので改訂版を作るにあたり、最新情報を盛り込むことにしました。そこで、2013年にリニューアルされた埼玉県平和資料館(東松山市)の展示が変更されていると聞いて、この2月にwamの運営委員たちで視察に行ってきました。
すると、新しい年表からは、上田清治県知事からクレームがあった「南京大虐殺」も「慰安婦」も削除されていることがわかりました。以前にはあった日本軍の加害の展示もなくなっています。熊谷の空襲の記録などは以前のままですが、あの戦争の加害の事実は封印されたことになります。歴史年表はあまりにも大雑把で、茫然としてしまいました。

私たちはリニューアルされた広くて綺麗な館内を歩きながら、「wamにこの壁の一面でも貸してくれないかなぁ。思いっきり迫力のある『慰安婦』展示ができるのにね」とぶつくさ言うしかありませんでした。来館者の意見として、批判の感想は書いて投函しましたが。


■「慰安婦」が問題視された ウーマン・リブの映画

もっと卑近なところでは、こんなこともありました。
私は高校時代にシモーヌ・ド・ボーヴォアールの影響を受け、大学時代には自分もウーマン・リブだと自認して、男女差別撤廃を訴える先輩女性たちの運動に共感し、集会やたまり場に顔を出す末端の女子学生でした。つい先日、劇場公開されて各地で上映中のウーマン・リブのドキュメンタリー映画『何を怖れる』では、こんな私にも声がかかり、後半にはちょこっと登場しています。

ところが先日、監督の松井久子さんから、「ある自治体の男女共同参画の担当者に、この映画の上映に協力してほしいと言ったら、『映画の中に「慰安婦」問題は出てきますか?』と聞かれたんですよ。『もちろん出てきます』と答えたら、『それでは協力できない』と言われたの」と聞いて驚きました。映画に登場する12人の女性たちの中で「慰安婦」問題を語っているのは、wamでインタビューを受けた私だけです。

「慰安婦」問題に触れているからという理由で、男女共同参画の担当者が身を引いてしまうとは!「慰安婦」制度こそ、女性への人権侵害の“極致”と言っていいような戦争犯罪です。それに私が初めて「慰安婦」という言葉を目にしたのは、70年代のリブの集会で受け取った「日本帝国主義による性の侵略」といった告発のチラシの中で、強烈な印象として記憶しています。
それなのにこの国では、政府も地方自治体も「慰安婦」などなかったことにしようとして、“言葉狩り”を始めているのです。
スポンサーサイト




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.