wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秦郁彦の恣意的引用
吉田清治を「詐話師」と呼ぶ秦郁彦。
歴史修正主義者のバイブルのようになっている『慰安婦と戦場の性』(新潮選書、1999年)には、「第7章 吉田清治の詐話」と題して、20ページほどが割かれている。
秦郁彦が書いたものの「検証」はしっかりなされるべきだと思うが、引用元を参照してたら、「なんだよこれ」ってものが出てきたので、紹介したい。

秦郁彦

以下は、秦郁彦『慰安婦と戦場の性』(P242-243)からの引用。

西野留美子のように「双方にとらわれないで、できるだけ客観的な聞き取りをしたい」と下関まで出かけて吉田と面識のある元警察官と会い、済州島の慰安婦狩りについて「いやあ、ないね。聞いたことはないですよ」との証言を引き出した人もいる。


さて、引用元である西野留美子『日本軍「慰安婦」を追って』(梨の木舎、1995年)P83を見てみると:

「いやあ、ないね。聞いたことはないですよ。しかし管轄が違うから何とも言えませんがね。」



これって、アカデミックな研究者がやる引用なんだろうか・・・・・・。
「管轄が違うから何とも言えない」って、知り得る立場にいなかったことをはっきりと「証言」しているわけでしょう?
「しかし管轄が違うから何とも言えませんがね」という箇所は、秦にとって「都合が悪い」ために意図的に削除したと考えるのが自然であろう。このように証言を恣意的に引用して「証拠」として使うことは、彼らの言葉で言う「歴史の捏造」ではないか? いやはや、こんな人に、「被害証言は証拠にならない」なんて言う資格があるのかと、あきれてしまう。

まっとうな歴史研究者は、だれも秦郁彦の研究なんか見向きもしないとよく聞くけれど、見下して見向きもしなかったこと自体が、今の歴史修正主義を跋扈させることにつながったような気がしてならない。
そういう意味では、高橋源一郎、江川詔子といったリベラルと思ってきた人たちにも影響を与えている、大沼保昭、朴裕河、熊谷奈緒子らが書いたものを、一般の人にもわかるようにきっちりと批判することは、歴史研究者というよりは、日本で活動してきた市民団体・支援者の役割だとは思います。(敬称略)
スポンサーサイト


「女の平和」と「慰安婦」
2014年1月17日の午後に行われた、「女の平和」国会包囲行動。
7000人の参加者で熱気に包まれた会場の様子や掲載された記事は以下にアップされています。
「女の平和」facebook

「日本にも、こんなに怒っている女たちがいたんだ」と、元気をもらってきました。
ブログ更新が滞っているので m(_ _;)m、3分ぴったりで準備した「女の平和」連帯メッセージを
記録代わりにご紹介します。


みなさん、こんにちは。今、東京に「慰安婦」問題の解決に20年以上にわたって取り組んできた全国の女性たち、男性たちが集い、戦後70年の今年にどうにか解決をみたいと戦略会議をひらいています。「女の平和」国会包囲にかけつけられないけれど、全国ネットワークの日本軍「慰安婦」問題解決全国行動からも連帯の気持ちを伝えてほしいと、かけつけてまいりました。

1990年代、日本軍「慰安婦」として被害を受けたアジア各地の女性たちが、長い沈黙をやぶって日本政府の責任を問いました。その告発によって、それまでなかったことにされてきた日本軍による性奴隷システムが明らかにされていきました。現在では、重大な女性にたいする暴力、人権侵害であることが国際的にも広く知られており、被害女性たちの勇気ある行動は、戦時性暴力の根絶に向けた国際世論をつくってきました。

「慰安婦」問題はしかし、過去のことではありません。現在の「女の平和」の課題そのものです。

第1に、「慰安婦」として性暴力被害を受けた女性たちの多くは、今も身体的、精神的、経済的な困難の中にいます。そのうえ、日本の総理大臣である安倍首相が繰り返す、「「慰安婦」の強制連行はなかった」との妄言が、彼女たちのつらく苦しい日々を呼び起こし、今も名誉と人権を侵害しているのです。被害を受けた女性たちにとって、戦争は終わっていません。

第2に、日本に住む私たちが平和に暮らすための、最も効果的で、かつ持続可能な安全保障政策は、かつての侵略戦争と植民地支配で被害を与えたアジアの人々からの信頼回復、信頼醸成です。しかし日本は、敗戦後70年経った今も信頼回復できていないどころか、さらに悪化させています。その最大の理由が、過去の戦争を美化し、「慰安婦」問題を含む日本軍による残虐行為の事実すら認めず、なかったこととして教科書からも削除する、安倍政権の歴史修正主義政策にほかなりません。

武力で平和は作れないことは、これまでの歴史がはっきりと教えてくれています。男たちがつくってきた軍隊という暴力装置、武力による威嚇や攻撃といった「安全保障」という名の暴力政策に、私たちは、きっぱりとレッドカードをつきつけます。これからもともに頑張りましょう! <了>




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.