wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


wam今週の新着図書
今週の新着図書は1冊。
ちょっと寂しい。。。


= 書籍 =

03 全国戦没者追悼式批判』_2014_0620MX-2640FN_20140620_163848_001

『全国戦没者追悼式批判:軍事大国家への布石と遺族の苦悩』
 山田昭次著 影書房 2014.2
 本書は、日本政府主催による全国戦没者追悼式が続けられている意味とは何なのか、アジア・太平洋戦争の戦死者をどのように意味づけているのかを解明することを目的とし、日本政府の意図を読み解きます。


スポンサーサイト


wam今週の新着図書
お久しぶりの更新です!

= 書籍 =

私は戦争のない世界を望む

『私は戦争のない世界を望む』
アルノ・グリューン著 村椿嘉信;松田眞理子訳 YOBEL、Inc. 2013.11
 戦争のない、暴力のない世界を願うことは、子どもじみていることでしょうか。どうしてそのように思ってしまうのでしょう。人間にはそれぞれ違いがあっても、相手に「共感すること」を捨てない限り、戦争を阻止することはできると著者は語っています。

ヘイトスピーチってなに?

『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?』 のりこえねっと(ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)編 七つ森書館 2014.4
「のりこえねっと」は、差別は嫌!いじめは嫌!と思う人々とつながり、行動するために結成されたネットワークです。本書は、共同代表19人の声を伝えます。







Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.