wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
日本軍「慰安婦」制度の被害者の証言から分かること
橋下市長はその発言の中で、被害者の証言が「客観的な証拠になりえなかった」と語っていますが、そんなことは決してなく、日本政府を相手に提訴された日本軍による性暴力被害者の裁判10件のうち、8件で被害の事実が認定されています。


9月2日の「wam de カフェ」で配布した資料には、日本国内でも裁判や証言集会などでよく知られている朝鮮半島の女性たちの連行の経緯のリストも含まれていました(資料p12)。そのリストを見てもらえば分かるとおり、「お金が儲かる」「学校に行ける」などの甘言、詐欺によって連れてこられたという証言が多いです。


しかし、このリストの中にも「強制連行」のケースはあります。例えば文玉珠(ムン・オクチュ)さんは路上で巡査に捕まって憲兵隊のようなところへ連れて行かれたというケースですし、日本に女子挺身隊として来られた姜徳景(カン・ドッキョン)さんは、空腹で軍需工場を脱走したところを憲兵につかまり強かんされ、それから慰安所に連行されました。その他、区長、班長といった村の役職をもった権力者たちや、女衒のような朝鮮人男性たちの言葉で連れて行かれているケース、夫や親から身売りされたケース、誘拐されたケースもありました。


当時の朝鮮では未婚女性の動員のために、「挺身隊」や「処女供出」が「徴用」と同義語で使われていました。日本人の巡査や村の権力者から命じられた「処女供出」から逃れるために、娘たちが家や村を離れて隠れたり、駆け込み結婚や、実態のない結婚届けを出すケースもありました。中には黄錦周(ファン・クムジュ)さんのように、「一家に一人は供出」と言われて、奉公先の主人の娘の身代わりとなって徴用された人もいました。


1941年7月ごろ、「関特演」といって、日本陸軍は対ソ連戦のために「満州」へ兵力増強の計画を立てました。この時、関東軍参謀の原善四郎少佐が、朝鮮総督府に朝鮮人女性の徴集を依頼し、8000人を集めたと言われています。これに対して原少佐の部下だった村上貞夫氏は、「私の記憶では、3000人くらいだった」と証言していますが、徴集された女性たちは軍用列車で移送され、長春の兵站班から各地に配属されました。これだけ大量の女性を徴集するには、詐欺や誘拐、徴用など、さまざまな方法がとられたと思われます。


これらは命令書や文書に記述が見つかるような類のものではなく、証拠といえば本人の証言しかありません。さまざまなケースがありますが、特に朝鮮半島の場合は、だまされたケースが多いので、そういうところを狙って、否定派の人たちは「強制連行の証拠はないだろう」と言ってきます。しかし、一人ひとりのケースを丁寧に見ていくことで、「文書に記述がないからといって、強制連行がなかったことにはならない」と伝えていかなければなりません。


半世紀もの間、語れずに苦しんでいた女性たちが、やっとの思いで立ち上がって語り始めた、その言葉を丁寧に聞くことで、いろんなことが分かってくるし、それが一番確かなことなのです。


スポンサーサイト


「慰安婦」の「強制連行」と橋下大阪市長の勘違い
いやあ。びっくりした。政治家が言ったもん勝ちになっている今のメディア状況。
どんどん、発言がエスカレートしているのに、テレビも新聞も反論しないじゃないか!
というわけで、しょうがないので、権力も波及力もないけど解説します。

まず、火付け役、何でも言いっぱなしの橋下大阪市長の発言の「間違い」「勘違い」からはじめましょう。8月21日と24日の記者会見はyoutubeにも載っているけれど、wamでは正確さを期すために、書き起こしをウェブに掲載(wam de カフェ資料)していますので、詳しくはそちらをご覧くださいね。


(1)「慰安婦」の強制連行の「証拠」がないという「嘘」

8月24日、橋下(←すでに呼び捨て)は、「2007 年に強制連行を示す、それを裏付けるような、直接示すような記述、直接の証拠はなかったということを安倍内閣のときに閣議決定がされているわけです」と発言し、さらにツイッターでは、「2007年の強制連行を裏付ける証拠はなかったとした閣議決定との整合性はどうなんだ」とまで言ってます。


こんなこと読むと、「そうか、河野談話はすでに覆されているんだ」と思ってしまいそうなアナタ、気をつけましょう。


まず第1のすり替えは、「記述」と「証拠」をごっちゃにしていること。2007年の閣議決定というのは、実は辻元清美議員が提出した質問主意書に対する答弁書(2007年3月16日、内閣衆質一六六第一一〇号)で、質問主意書への答弁は、すべて閣議決定することになってます(ちなみに今年の180国会で出された衆議院の質問主意書は424本!)。それは以下のように書かれています。


「同日の調査結果の発表までに政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかったところである。」


はい。政府が1993年の河野談話を発表するまでに発見した資料には、「軍や官憲による強制連行を直接示す」「記述」がなかったといっているわけです。防衛庁(当時)やら、外務省やら、厚生労働省から発見された文書にそういうものに、なかった。そして、河野元官房長官、石原信雄元官房副長官が『オーラルヒストリー アジア女性基金』(女性のためのアジア平和国民基金発行)で明らかにしているとおり、軍や官憲が女性たちの意に反して連行したことは、韓国の被害者16人の証言を聞いて、「信頼するに十分足りる」と判断したとかかれています。


なので、賢い官僚に囲まれている野田総理大臣や玄葉外務大臣は、「整合性がない」なんて答弁しません。だって、政府が1993年までに発表した文書に記述がなかっただけだもの。整合性、あるんです。


ここで、みなさん、質問するでしょ?「でも、やっぱり強制連行を示す証拠はなかったんですか?」って。


証拠はあります。被害者の証言は、証拠です(被害者証言を証拠じゃないって思うみなさん、十分に検討された証言が証拠じゃなかったら、争いをどう解決するんでしょう?) さらに、河野談話が発表された1993年以降、オランダ政府はオランダ人の「慰安婦」被害の調査報告書を発表していますし、東京裁判の証拠書類の発掘も進んでいて、「軍や官憲による強制連行」を裏付ける記述は多数あります。1990年代以降の「慰安婦」訴訟の判決のなかで被害認定をしているものも、裏付ける文書といえるでしょう。


じゃ、何がないんでしょうね? 
そもそも「軍や官憲による強制連行を直接示す」文書って、どんなものですか? 
たぶん、「直接」っていう言葉がキモなのでしょうね。それこそあったら出して欲しい。
「軍は、朝鮮の女性を強制的に連行せよ」っていう命令書ですか?「これらの女性たちを軍は、強制的に連行してきた」という日誌ですか? そんな違法行為をわざわざ軍の文書に残すはず、ないじゃないですか!? 


そもそも、日本政府と陸・海軍は、ポツダム宣言受諾決定直後、関係省庁や軍部のすべての機関に対して、重要書類の焼却を通達で出していました。都合の悪いものはガッツリ燃やしちゃったわけです。それでも、「慰安婦」制度を軍が設置し、女性たちを移送し、維持・管理した文書が300件近く見つかった・・・。つまり、「燃やしきれなかった」んですね、あまりに当たり前のことだったので。


河野談話を発表するために、以下の資料を使ったと政府報告には書いてあります。

▽調査対象機関:警察庁、防衛庁、法務省、外務省、文部省、厚生省、労働省、国立公文書館、国立国会図書館、米国国立公文書館
▽関係者からの聞き取り:元従軍慰安婦、元軍人、元朝鮮総督府関係者、元慰安所経営者、慰安所付近の居住者、歴史研究家等
▽参考として国内外の文書及び出版物:韓国政府が作成した調査報告書、韓国挺身隊問題対策協議会、太平洋戦争犠牲者遺族会など関係団体等が作成した元慰安婦の証言集等。


このうち、聞き取りをされた「慰安婦」被害者は韓国の16人です。ほかの国の被害者は聞き取りされていません。フィリピンや中国など、占領地での被害もすさまじいものです。それにこの時点で見つからなくても、中曽根元総理大臣がインドネシアのバリクパパンに設置した慰安所の文書などは、2011年に防衛省の図書館を調査した市民団体が見つけています。


今日はここまで。これからも「説明」と「反論」を続けます。


「wam de カフェ」当日配布資料はこちらでダウンロード☆
お待たせしました!
9月2日に開催した「wam de カフェ」当日配布資料は、こちらからダウンロードできます。


☆資料ダウンロード☆


みなさま、どうぞご活用ください。


9月2日の「wam de カフェ」簡単なご報告
9月2日の「wam de カフェ」は約30名の参加で開催しました。
以下、簡単なご報告です。


まず、8人程度のグループを4つ作って、自己紹介、質問を出し合いました。
その後、それを全体で共有してから、wamの館長・池田と事務局長の渡辺から
ポイントを絞って解説、最後に全体での話し合い、という流れで行いました。


みなさんの関心も多岐にわたり、「慰安婦」問題に関する知識も
さまざまだったために、なかなかすべての方のニーズに
応えることができなかった点もありましたが、その反省は、
今後のイベントやセミナーに活かしていきたいと思っています。


参加くださったみなさま、
ぜひ、ご意見・ご感想をwam事務局までお寄せください☆


各グループの議論をいくつか、かいつまんで紹介すると、
特に多かった疑問や質問は次のようなものでした。


・強制ってそもそもなに?強制連行の事実は本当にあったの?
・なぜ被害者の証言を否定するの?
・河野談話の何が争点になっているの?これは謝罪なの?
・「女性のためのアジア平和国民基金で解決済み」という人にどう反論すればいいの?
・右翼的ネットワークはなぜこんなに強いの?


時間の制約もあったので、ポイントを絞って、
事務局長の渡辺と館長の池田から、それぞれ補足の説明をしました。


当日配布した資料はや具体的な発言の要旨はwamのウェブサイトに
公開できるように準備中です♪それに合わせて一問一答など、
資料のページも充実させていこうと思っています。


どうぞお楽しみに!
つづきを表示




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.