wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


wamにクーラーがつきました!
一度でも夏にwamへこられた方はお分かりだと思いますが、wamはとっても暑いです。団体のお客様の来館時や、セミナーなどのイベントが開催され、館内の人口密度が高くなるにつれ、気温も急上昇!汗だくでセミナーの話を聞いている方もちらほらいらっしゃいました。

そんな暑い暑いwamに、強力なクーラーが設置されました!
2006_0808_aircon.jpg

レンガ色のきれいな天井に、ちょっと目立つかな?という気がしますが、快適な空間のためには、仕方のない事。

今年のwamは、涼しくなりそうです。
みなさま是非ご来館ください
スポンサーサイト


wam特別展ガイド「宋神道さんを知る8月」が始まりました
 第3回特別展・置き去りにされた朝鮮人「慰安婦」展の特別展ガイド、「宋さんを知る8月」の第1回目を8月5日に開催しました。

 特別展ガイドは、wamの特別展の内容をより深く理解していただくために、展示制作に関わった関係者・協力者がガイドを務め、展示内容について説明する企画です。今回の特別展では、特別展スペースにあたる3つの部屋のうち1つを「宋神道さんの部屋」にして、「在日の慰安婦裁判を支える会」(支える会)のみなさんにご協力いただき、展示パネルを制作しました。そこで、支える会のみなさんに、ガイドをしていただき、宋さんとのかかわりや、裁判の経過についてお話を聞こう、という企画が始まりました。

2006_0805_guide_suja.jpg


 ガイドのトップバッターは、「支える会」の朱秀子さん。93年に日本政府を相手取り裁判を提訴した、元「慰安婦」の宋神道さんの裁判を長年支えてこられました。

 宋さんとスジャさんは、親子のような、友達のような、同志のような、関係(?)。二人のやり取りの話を聞いていると、漫才のようでおかしいのですが、これまでには相当な衝突があったとか。何度も人にだまされた宋さんは、当初「支える会」のメンバーを信頼できず、ぶつかることもたびたびだったそうです。

 しかし、裁判を経て、徐々に信頼関係がうまれ、「お前たちに会えてよかった」と言ってくれたそうです。裁判に負けたときも、「裁判で負けても、おれの心は負けていない」と支える会のメンバーを元気づけました。

 スジャさんのお話は、宋さんを身近で支え、正面からぶつかり、絆をつくってきた人にしか出来ない、説得力と温かみにあふれたものでした。聞いていて何度もウルウルしてしまったほど。参加者が10数人と少なめだったのも、アットホームな雰囲気醸し出されてよかったのかも。

2006_0805_guide_suja02.jpg

今秋公開予定の宋さんの記録映画「オレは負けてない ~ナエ マウムン チジアナッタ」の予告編も上映。監督のアンヘリョンさんも来てくださいました!

来週12日、第2回目のガイドは新谷ちか子さんです!
是非ご参加ください。




Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.