wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8.9 世界同時連帯行動 in 東京 ちょうちんデモ
韓国では、ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に、「慰安婦」被害者のハルモニたちが、日本政府の謝罪と賠償を求め、デモ(水曜デモ)を行っています。
その水曜デモに連帯し、8月9日水曜日に世界各地でデモが行われました。日本国内では、東京、大阪、京都、神戸、名古屋の5カ所で開催されました。

東京では、日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークの主催で、「チョウチンデモ」を開催(詳細は、こちら)。参加者は160人+αでした。台風が心配されましたが、デモの時には雨も上がり、被害女性たちの思いが台風を吹き飛ばしてくれたようでした。

 デモ前の集会をしている頃から右翼の「維新政党新風」の西村修平氏ら数名が、プラカードをもって会場の東京ウィメンズプラザの入り口付近に集まり、マイクでアジっていました。

 プラカードには、「中国・朝鮮のでっち上げ 嘘八百 慰安婦・強制連行」「歴史の捏造 ××(読み取れず)」「恥を知れ、支那・朝鮮人よ 売春婦は世界の恥」「日本を守った祖父の眠る靖国神社が外国の干渉で潰されようとしている 日本人よ、今こそ立ち上がれ」・・・等が書いてありました。

 デモ出発前に整列している時にも、すぐ横の舗道でがなりたてていましたが、デモ参加者は「挑発に乗らず、非暴力でいこう」と意思統一していたので、みんな冷静でした。

chochin01.jpg


 デモは、アジア各地で亡くなられた被害女性のお名前を書いたチョウチンを手に持ち、一人一人がそのお名前を順番に読み上げていきました。コースとなった渋谷の町の沿道には若い人たちも多く、立ち止まって見入っている方もいました。

chochin02.jpg


chochin03.jpg


 最後は宮下公園で「ウィシャル オーバーカム」の替え歌をみんなで歌い、解散しました。

 チョウチンデモは始めての試みでしたが、参加者一人ひとりが亡くなられた被害女性のお名前を読み上げることで、しっとりとした落ち着いたデモになれたように思います。

 昨日までは、チョウチンが100個以上あったので100人集まらなかったらどうしようかと心配でしたが、多くの皆さんが続々と集結してくださり、本当に力が沸いてきました。その前に小泉首相に要請文を送付しましたが、日本政府に被害女性たちの声が届くことを心から願います。(N)
スポンサーサイト


wamにクーラーがつきました!
一度でも夏にwamへこられた方はお分かりだと思いますが、wamはとっても暑いです。団体のお客様の来館時や、セミナーなどのイベントが開催され、館内の人口密度が高くなるにつれ、気温も急上昇!汗だくでセミナーの話を聞いている方もちらほらいらっしゃいました。

そんな暑い暑いwamに、強力なクーラーが設置されました!
2006_0808_aircon.jpg

レンガ色のきれいな天井に、ちょっと目立つかな?という気がしますが、快適な空間のためには、仕方のない事。

今年のwamは、涼しくなりそうです。
みなさま是非ご来館ください


wam特別展ガイド「宋神道さんを知る8月」が始まりました
 第3回特別展・置き去りにされた朝鮮人「慰安婦」展の特別展ガイド、「宋さんを知る8月」の第1回目を8月5日に開催しました。

 特別展ガイドは、wamの特別展の内容をより深く理解していただくために、展示制作に関わった関係者・協力者がガイドを務め、展示内容について説明する企画です。今回の特別展では、特別展スペースにあたる3つの部屋のうち1つを「宋神道さんの部屋」にして、「在日の慰安婦裁判を支える会」(支える会)のみなさんにご協力いただき、展示パネルを制作しました。そこで、支える会のみなさんに、ガイドをしていただき、宋さんとのかかわりや、裁判の経過についてお話を聞こう、という企画が始まりました。

2006_0805_guide_suja.jpg


 ガイドのトップバッターは、「支える会」の朱秀子さん。93年に日本政府を相手取り裁判を提訴した、元「慰安婦」の宋神道さんの裁判を長年支えてこられました。

 宋さんとスジャさんは、親子のような、友達のような、同志のような、関係(?)。二人のやり取りの話を聞いていると、漫才のようでおかしいのですが、これまでには相当な衝突があったとか。何度も人にだまされた宋さんは、当初「支える会」のメンバーを信頼できず、ぶつかることもたびたびだったそうです。

 しかし、裁判を経て、徐々に信頼関係がうまれ、「お前たちに会えてよかった」と言ってくれたそうです。裁判に負けたときも、「裁判で負けても、おれの心は負けていない」と支える会のメンバーを元気づけました。

 スジャさんのお話は、宋さんを身近で支え、正面からぶつかり、絆をつくってきた人にしか出来ない、説得力と温かみにあふれたものでした。聞いていて何度もウルウルしてしまったほど。参加者が10数人と少なめだったのも、アットホームな雰囲気醸し出されてよかったのかも。

2006_0805_guide_suja02.jpg

今秋公開予定の宋さんの記録映画「オレは負けてない ~ナエ マウムン チジアナッタ」の予告編も上映。監督のアンヘリョンさんも来てくださいました!

来週12日、第2回目のガイドは新谷ちか子さんです!
是非ご参加ください。


開館1周年!
wamも開館1周年を迎えました!去年の今頃は、睡眠不足でナチュラル・ハイになっていたことを思い出します。開館前に心配された攻撃も受けず(偵察はありましたが)、みんな無事で元気に1周年を迎えられて、ホッ。今日は休館日でしたが、来週から戦後61年イベントが続々。みなさんのご参加をお待ちしています!(M)







Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.