wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -
「慰安婦」問題に焦点を当て、戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた「女たちの戦争と平和資料館」(wam)のブログです。
ユネスコ記憶遺産と「慰安婦」:「対話」が必要なのか?
ユネスコ「世界の記憶」の結果発表にあたっては、今日の14時からソウルで記者会見が開かれ、そこで、基本的な論点、暫定的な方針が発表される。「対話」をせよといわれて、断るという判断は難しいかもしれないが、そもそも「対話すべき相手なのか」という点は、韓国や中国からは言いづらくても、私たち日本に住む者にとっては、大きな論点となるのではないかー。以下は日本に住むからこそ問いたい点と、今後の決意のようなもの。2017年10月31日記

****************************************

ユネスコのウェブサイトに、「国際諮問委員会はユネスコ世界の記憶に78の新たな登録を勧告した」と題した記事が掲載され、ユネスコ事務局長イリナ・ボコバ氏がこの勧告を承認したことが報告されています。そして、日本軍「慰安婦」に関わる文書について「対話」を促すよう、国際諮問委員会が事務局長に勧告したことも書かれています。私たちはこの記事を見て驚きました。これまでユネスコ「世界の記憶」に8カ国の市民団体による「慰安婦」関連記録が登録されることに強く反対し、分担金支払いの停止という常軌を逸した強い措置をとってきたのは、日本政府でした。しかしながら、この文書によると、対話の相手は “Documentation on ‘Comfort Women’ and Japanese Army discipline” (仮訳:「慰安婦」と日本陸軍の規律に関する記録)と題した文書の登録申請者とのことでした。
参考:https://en.unesco.org/news/international-advisory-committee-recommends-78-new-nominations-unesco-memory-world

私たちは、この登録申請者たちの申請文書は入手しておらず、その内容も正確には知りません。しかし、インターネット上でのその登録申請者が発表した声明によれば、日本軍「慰安婦」制度の事実を否定する、歴史修正主義者であることは明らかです。この人々は、「戦時中の慰安婦は商業売春婦であり、日本は謝罪も賠償も必要がない」と主張しています。安倍首相を含めた現政権が、これらの人々と同じ主張なのはこれまでの発言からわかっていますが、第2次世界大戦を経て設立され、ユネスコという正義、法の支配、人権及び基本的自由に対する普遍的な尊重をかかげて、平和を築くことを活動理念としてきた国際機関で、「兵糧攻め」ともいえる日本政府の圧力が効果をあげ、このような歴史修正主義者の言い分を「主張の1つ」「対話の相手」として扱ったことに、あらためて憤りと抗議の意を表します。「忘却の文化」に対しては、「対話」が必要なのではなく、「忘却の文化」を退け、「記憶の文化」を築くことこそが求められているのです。

日本政府は、8か国による「慰安婦」関連文書の登録を妨害するために、分担金支払いの停止・延期のみならず、国際諮問委員会に対して前例のないロビー活動を行ってきたと聞いています。そこには私たちの税金が投入されています。これらの活動した「記録」は外務省で保管しているのでしょうか、それとも内閣官房でしょうか。機密費として公開されず、文書、あるいは税金をいくら投入したかの記録も、森友・加計問題のように、都合の悪いものとして廃棄されるのでしょうか。この機会に、政府の政策決定の経緯を追えない日本の公文書管理の現状に対して、メディアや研究者のみなさまにも、問題提起をしていただきたいと切に願います。

日本政府が分担金を支払わなければ、ユネスコ職員の給与が11月からストップすることになる、そのような状況までユネスコを追い込んだ日本政府の行動を、日本の有権者として改めて恥ずかしく思います。思い通りにいかなければお金でコントロールしようとする日本政府姿勢は、ユネスコの歴史にも永遠に刻まれることでしょう。

日本の人々は「水に流す」という言葉をよく使います。しかし、水に流せないような人権侵害を受けた人々は、日本でも、覚えています。どのように過去を切り捨てようとしても、そして「未来志向」という名で前に進もうとしても、歴史は影のようについてきます。影を消すことはできません。そして、そのような影、過去からこそ、私たちは二度と同じ過ちをおかさないための教訓を得られるのです。

私たちは、このユネスコ「世界の記憶」の登録申請の経緯も歴史の一部として次の世代に伝えていくため、日本軍「慰安婦」アーカイブズ事業を通じて、記録管理を着実に進めていきます。

こちらもどうぞご覧ください⇒http://wam-peace.org/20171027/

スポンサーサイト


資料紹介

今日の資料紹介は1冊だけ、ニュースレターを1誌紹介します。

■ 『世界へ 未来へ 9条連ニュース』No.273
憲法9条-世界へ未来へ 連絡会(9条連)/発行

世界へ 未来へ 9条連ニュース


巻頭言は、同志社大学大学院教授 浅野健一さん。

ジャーナリズムの基本は、「対立する事案では両者の言い分を取材し、公平に報じる」こと。
朝鮮民主主義人民共和国の軍事に関する日本メディアの取材と報道は完全に報道原則に違反している。

このままでは、安倍政権とメディアの共謀により、憲法改悪の世論ができかねないと述べています。




資料紹介

今日は、ニュースレターを4冊紹介します。

◆『ロラネット・ニュース』 No.21

『ロラネット・ニュース』

表紙の言葉、「集い・語る 性暴力被害者たち」が、いいな。
被害者が、自分に落ち度があったと声をあげられない。
戦時でも、平常の時でも、女性の「性」が商売の対象となるこの社会。
当事者と支援者がつながって、大きな声をあげていこう!


◆ 『益子 朝露館たより』 第4号(2017年 秋号)

2017_0929『「益子」朝露館たより』

朝露館の名は、金明植の詩 『漢拏山』に由来している。
「抵抗運動の中で朝露のように消えた多くの魂・たましいたちは 花の種となっていつかは花開くだろう」

尊敬する女性よりもらった種がある。もらった種はまいて、育てて、花を咲かせなくては…。


◆ 『「慰安婦」問題とジェンダー平等ゼミナール NEWS』 第29号

『「慰安婦」問題とジェンダー平等ニュース』

山口智美さん講師によるゼミナールのタイトルは、「国家が 『家族』 に介入-安倍内閣の改憲手法を斬る」
婚活・少子化対策、家庭教育への介入等、権力が個人の領域に踏み込む政策が進められている。ねらわれているのは憲法24条。24条の二つの柱、「両性の平等」と「個人の尊厳」を、右派は、「行き過ぎた個人主義」の元凶とし、家族の崩壊、未婚化による少子化をひき起こしていると攻撃している。


◆ 『究明する会ニュース』 No.187
『究明する会ニュース』


今年は日中戦争80年の年。戦没者遺骨収集事業は、まだまだこれからの課題。女性や子どもの骨も出てくる。国籍、人種を問わず多くの人々が亡くなっていった。













Copyright © wamblog - アクティブミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 -. all rights reserved.